毎日の粉末青汁

健康食品のなかでも1番好きなのはドリンク系

栄養ドリンクは普段からちょこちょこ飲んだり、朝ごはん食べたくない時などに良く飲みます。

特に風邪の時は大活躍!!風邪の時ははウィダインゼリーのいろんな味、綺麗とレモン、オロナミンC、リボビタンDなどコンビニに売ってる栄養ドリンクコーナーのものを大量に買ってきて、キレイとレモンは同じ日に飲むこともありますが、できるだけ同じのを同じ日に飲まないように一応気にしながら1日5から7本くらいのみます。

すると次の日には体が少し楽になる気がします。

それからは体調が悪い時には栄養ドリンクプラス、サプリ、食べれる時にはフルーツとカロリーメイト、ソイジョイなどを食べまくり風邪菌を追い払います。

健康食品の良いところは薬ではないので治りかけわただ疲れてるだけ、なにもないときにも食べたり飲んだりできる事。

どちらかといったら食事を食べるのが面倒くさい私にはコンビニで簡単にかえなおかつ栄養を簡単に取れるという点がとてもお気に入りです。

でもそんな生活を毎日続けるのはバランスが崩れてカラダに毒かな?最近思い始めました・・・。

それほど健康に興味がなかったときでも「トクホ」、特定保健用食品のマークがついた商品が目に止まっていました。

国が定めた健康食品をそう呼ぶそうです。
血圧を整えたり、血中のコレステロールを整えたり、おなかの調子を整えたりすることに特に効果があるそうです。

最近は水分の摂り過ぎかおなかを崩しやすいので今はトクホのケロッグオールブランをよく食べています。朝食や間食にぴったりです。

味は健康食品と聞くと健康に良いものだから味は二の次なのかな?と思ったら、そうでもなく、普通に美味しいです。
素朴な味で、甘さは控えめなんですが自分的にはそれが合っていました。小麦の味というか、それが苦手な方もいるのかな?と思います。

低カロリーなのでダイエット中の方にもぴったりですよ。

これ、実はお酒のおつまみにもとてと合うんですよね!麦と麦が合わないわけがないです。

トクホ商品のおかげでお通じも良くなりましたし、最近はお腹の調子もいい感じでいいことづくしなんです。

それからというもの私は毎日身体の健康の為に
食事で1日の栄養のバランスを取れるのが一番ですが全てをとる事がなかなか出来ないので健康食品を日々バランスよくとるようになりました。

朝一番の粉末青汁は欠かせません。
野菜不足を解消の為に始めは飲んでいましたが便秘が解消しお肌のくすみが解消されて好きになり好んで飲んでいます。

昔から野菜不足になると肌にくすみを感じていてなんとかして野菜不足を解消したいなと思い毎日たくさんの野菜は食べられないので粉末青汁は便利です
持ち運びの出来るステックタイプの物を鞄に携帯していつも持ち歩いています。

ランチ時のファーストフードが大好きで栄養のバランスを考えるとなかなか気軽にファーストフードを利用することが少なくなっていましたがファーストフード店でもお水に青汁粉末を入れて飲めるので栄養バランスを考えて食事出来るので安心です。

青汁を加えるだけで野菜の栄養が補えるので野菜が少ない時の食事時にも大活躍です

今は美味しく飲みやすい青汁が沢山出ているので健康食品として取り入れやすいので日々の生活には欠かせません。

夏に最適なスムージー

スムージーって夏の暑い時期には重宝します。
私は四季の中で夏が一番嫌いで、この湿気と暑さは本当に嫌です。
クーラーが一日中効いているところに居られれば良いのですが、今までに夏バテをしたこともないし、寝る時くらいはクーラーを消さないと電気代が怖いのでつけっぱなしにはしていません。

こんな私が大嫌いな夏になると多少は食欲も落ちるのですが、特に朝はスムージーで栄養補給ができるので毎朝のお気に入りです。

冷たいから夏場に最高だし、朝は特に食欲がないし急いでいるので助かります。

好きなものをシェイカーで混ぜているだけなのですが、前の日の晩に何を混ぜるかをあらかじめ決めておくのが私流です。

そうすると、何を着ていこうと悩んで時間をとるみたいなことにならず、ササッと朝食が済ませるのです。

冬にはこれと似たようなホットのものが良いのですが、まだ調べてみたことはありません。少なくとも今のスムージーをホットでは飲みたくないですから、年中飲めるものを探しています。

グリーンスムージーの効果について

グリーンスムージーと言えば数多くの芸能人が愛用しテレビや雑誌などのメディアに取り上げられ完全に一般に浸透している健康食品です。

少し前までは女性向けとのイメージでしたが今や男性のダイエット食品として好まれているのです。

理由はダイエットだけではなく不規則な生活による野菜不足を補う目的で活用されており、健康志向の高い方の日常食となっています。グリーンスムージーには白菜やほうれん草、レタス、キャベツなどの葉野菜と呼ばれる野菜が使用されています。

もちろん体に良いとされるビタミンや整腸効果の高いペクチンが含まれており便秘の解消にも良いとされています。

その他にも花粉症に効果があったり天然酵素による美肌効果も期待できるため今や大人気の商品として愛用されているのです。

緑の野菜もとらなくちゃ

私はかれこれスムージを含め野菜ジュースを飲んでいましたが、それだと青い野菜があまりとれていないのかも・・・・と気になり始めました。

色はオレンジで飲みやすいのですが、割と苦いものもイケるので手作りの青い野菜多めのグリーンスムージーでも飲もうかと計画中です。

ただ、毎朝作って飲むとなると結構面倒臭いのですよね。
だからスティックタイプのスムージに頼ったり、今までのようにペットボトルに入って、喉が乾いたら自由に飲むスタイルに頼りっきりでした。

よくテレビで見るようなドロっとした青々しいものは、作り置きがあまりできそうにないですし、朝にきちんと作ってそれしか飲まず、朝食代わりにしているという人も多いみたいですね。でも手作りの方が腹持ちは良さそうなんですよね・・。

海外では青汁のことをジャパニーズ・グリーンスムージーと呼んでいるらしく、身体に良いんだなぁとつくづく思います。

赤と黄色の野菜は結構取っているつもりですが、これからは頑張って緑の野をもっと咀嚼するご飯にに取り入れてみようかな?
なるべく続けられるような簡単な商品が売っていればと思い模索中なのです。

種類が豊富な青汁

かつては、青汁に対するイメージがあまり良くなかったかもしれません。

美味しくないとか匂いがキツイなどの話しもよく耳にしましたし、抵抗を感じていていた方ももしかしたら少なくなかったのかもしれません。

しかし、今は全然違います。
多くのメーカーから多数の青汁が出ていますし、それぞれ味も香りも違います。飲みやすい工夫がされているものが多いので、安心して飲むことができるんです。

それに、更に内容を見てみると使っている材料にも違いがあるようです。

ですから、青汁を選ぶ時は材料についてもチェックしてから選ぶようにするのがコツです。

「ケール」、「大麦若葉」、「明日葉」、「桑の葉」などはよく青汁に用いられている材料。
それぞれにメリットがあるので、自分が望む効果が期待できる材料を使っているものを選ぶと良いでしょう。

せっかく体に良いものを取り入れるのですから、吟味して選ぶ方が賢いと思います。

また、甘みのあるものや爽やか風味のものも出ていますから、味にこだわりたい方はそういったところをチェックして選ぶと良いでしょう。

青汁を取り入れたレシピ

もともと偏食気味で普段から野菜不足だなと感じていたため、青汁を飲み始めたのがきっかけではありますが・・・。
最初は続けられるかなとかクセのある苦味があってあまりおいしくないんじゃないかなと少し不安に感じていました。ですがいざ飲んでみると多少青臭さはあるものの、苦味は気にならず、青汁というよりは抹茶を飲んでいる感覚です。

また私が飲んでいる青汁は粉末状のものなので、水やその他の液体に溶かすだけでなく、ホットケーキの粉に混ぜて食べたりもしています。

もともとホットケーキはよく作っていたのですが、ある時青汁の粉末を混ぜたら抹茶風味のホットケーキになるんじゃないかと思い、試してみたのです。すると見た目はうっすらとグリーンになり、それほど抹茶の風味は強くないものの、普通においしく食べられます。

それにいつも液体に溶かして飲むだけじゃ飽きるので、こうして色々と工夫しながら摂取することで長く続けていきたいものだと思っています。

なのでもっと他にも青汁を取り入れたレシピを考えていきたいです。